集客のベストプラクティス
FMラジオはローカルビジネスの味方

ご存知ですか?ラジオの広告メリットを。
「低コスト」、「ターゲッティング」、「エリアマーケティング」をテーマとした広告は、日本最大のラジオネットワーク「JFN」へお任せ下さい。

詳しく知るお問合せ

低コスト

動画や写真などビジュアルを利用した広告に比べ、
音声のみであるラジオ広告は、
比較的低コストで、且つ短納期で
広告が制作できます。

ターゲットを絞りやすい

番組や時間帯により、職業・性別・年代に大きな 特徴があります。例えば平日朝の通勤時間は ビジネスマンの広く習慣的に聴取されています。 ローカルは特にドライバーとの相性が抜群です。

パーソナリティの親近感

ラジオメディアは報道の使命と共に信頼ある情報を日々届けています。「声だけ」だからこそ伝わる パーソナリティの親近感がそこにあります。

FMラジオCM導入による成功事例

売り上げ増加

ターゲットを絞ることにより、ニーズの強い層の集客。売り上げの増加が期待できます。
また、「車で買い物に行くときにラジオを聞く」という消費者も多いため、効果的な時間帯に放送することで、「買い物の際に、FMラジオCMを思い出してその商品をその商品を購入する」という直接的なアプローチもラジオならではです。

消費者向け

B to C

FMラジオならではのパーソナリティとの距離感の近さや、仕事や家事などを行いながら聴取する「ながら接触」のメディアであることを利用し、消費者へのダイレクトな訴求効果があります。

企業向け

B to B

FMラジオは商工・自営者にもよく聞かれています。工場でのBGMや営業車での移動中などでも聴取されており、法人向けのサービスの周知にももってこいです。

成約率向上

商工・自営業者によく聴かれるメディアです。また、小さな地域で聴取されることにより、認知度を向上させる効果が期待できます。
その結果、他社と比較検討された際に、選ばれる可能性を高めることができます。

音による刷り込み

Sound

通勤中の車内や、就業中など、仕事をしながら聞かれる機会の多いラジオ。
同じ時間・曜日など、繰り返し聞かれることで、音による刷り込み効果が高いのが特徴です。

就業中の接触率高

Working

例えば、テレビを見ながら行う仕事は少ないと思いますが、工場勤務やオフィスワーク、ラジオを聞きながら仕事をしている方は多い
という調査結果もあります。

採用コスト減

企業の存続・発展に欠かせない求人採用活動。しかし、地方では特に、頭を抱えている企業が多いのが現状です。
しかし、若年層・通勤通学中にもよく聞かれるメディアであるため、新卒、中途採用にも効果的です。

新卒

new

スマートフォンでも聴取可能なradiko(ラジコ)の普及以降、
若年層の聴取機会が拡大しています。学生には平日夜〜深夜帯や
土日によく聴かれる傾向があります。

中途

Career

通勤・仕事中によく聴かれる、ということは、
転職を考える方にも聴かれているというです。
繰り返しCMに接触することで、
転職先としての信頼感を与えることが可能です。

ラジオの媒体特性

たくさんの人に聴かれています。

※1週間のラジオ接触率 1週間累積:5時~29時
ビデオリサーチ「2017年4月度首都圏ラジオ調査」を元に作成

男女12~69才の6割近くの方々がラジオを聴いています。
これらの方々の1週間累積の平均聴取時間は13.6時間です。つまり、1日あたり2時間近く聴かれていることになります。
地上波のラジオに加え、スマートフォンでの聴取も2017年現在 月間1200万ユニークユーザーを突破しています。

あらゆる場所で聴かれています。

※聴取場所別聴取分数のシェア 週(月~日):5時~29時
ビデオリサーチ「2017年4月度首都圏ラジオ調査」を元に作成

自宅内・自宅外での聞かれる割合はほぼ半数程度であり、ラジオは場所を問わずに視聴されるメディアであることがわかります。

ドライバーとの相性がバツグン。

車でレジャーに出かける時にラジオを聴く人の割合は約5割、
車で通勤する人がラジオを聴く割合は6割を超えます。
また、ローカルエリアでは自家用車の保有台数と運転頻度が高く、
ラジオのパワーがより一層強くなることが分かります。
*ビデオリサーチ「首都圏ラジオプロフィールデータ2015年10月」等を元に作成

パーソナリティの信頼性。

6割以上の方がラジオのパーソナリティに
「親しみ」や「仲間意識」を感じています。
また、パーソナリティの紹介した商品は
22%が「信頼感がある」、58.8%が「やや信頼感がある」とされ
計8割ものリスナーに影響を及ぼしていることが分かります。

*ビデオリサーチ「首都圏ラジオプロフィールデータ2015年10月」等を元に作成

ラジオ広告の種類と手法

番組提供

指定の番組やコーナーをスポンサード。
番組のリスナーをターゲットに
商品やサービスのイメージを中長期間で
定着させることができる手法です。
番組タイトルに企業名や商品などの冠をつけたり、
提供クレジットでの社名の露出が可能なため
大手企業と同じように「しっかりとしたイメージ」を
与えることができる特徴があります。

週1回/5分、10分、25分、30分、55分
ベルト 月~金/5分、10分
情報枠 交通情報・天気予報・ニュース 等
特別番組 55分×1回の日曜特番
数時間にわたって放送する祝日特番

スポットCM

番組と番組の合間にCM素材を露出。
指定の期間・曜日・時間帯で
短期間から可能なラジオCMの手法です。
キャンペーンやイベント告知、新商品発売などの
プロモーション時期に合わせて集中的にCMを
露出することができるため、必要な時期に必要なだけ
認知を高めることができる特徴があります。

20秒 一般的なラジオCMの尺です。
40秒・60秒
80秒・120秒
「詳細情報」や「ブランドのストーリー」を
表現する際に適した長尺CMです。
5秒・10秒 「社名のみ」など、絞り込んだメッセージを
繰り返し伝えるのに適した短尺CMです。

その他

ラジオでは番組提供やスポットCMだけでなく
ニーズに合わせた様々な手法のプロモーションを
ご提案しています。

インフォマーシャル 60秒・120秒~
生ワイド番組のパーソナリティが商品やサービスを紹介します。
中継(電話・ISDN) 180秒~
店舗オープンやイベントなどにあわせ
生ワイド番組からレポーターが訪問し番組で紹介します。
公開生放送・公開収録 番組の生放送や収録を
公開イベントとして店舗やイベント会場で実施します。
販促イベント サンプリングイベントやライブイベントなど
オーダーメイドのプロモーションイベントをお受けします。
全国で実施が可能である点だけでなく、ラジオでの
事前告知や事後パブリシティがセットとなる強みがあります。
SNS連動 ラジオの告知に加え、番組のSNSアカウント等を利用し、
SNSでの広告発信を行ないます。

お問合せ、ご相談は無料で全国から承ります!

お問合せ、ご相談は、下記フォームまたはお電話で受け付けております。
お問い合わせにつきましては順次対応させていただいておりますが、内容によってはご返信にお時間がかかる場合がございます。お急ぎの場合はお電話にてJFN営業部にご連絡ください。

受付時間 9:30~17:30 定休日 土日祝日

© Copyright - 株式会社ジャパンエフエムネットワーク (JFN) 会社概要